不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンとは、その名の通り、不動産を担保にローンを組む(お金を借りる)ことです。

低い金利で、しかも割りと大きい額を借りられるということで、一見するとすごく良い商品のように感じます。

しかしながら、メリットもあれば当然デメリットもあるわけで、しかも一般消費者にはなかなか知られていないことも多いです。

例えば、分かりやすいところでいうと、もし返済できなくなった場合、当然ながら担保にした不動産は失います。

すなわち、不動産を売却してその売却代金を返済にあてる訳ですが、それでも足りない場合は不足分も返済しなければなりません。

また、費用の問題もあります。

不動産担保ローンを利用するにあたっては、手数料や不動産の鑑定費用、印紙代など、多い場合で数十万円かかることもあります。

つまり、これらの費用を考慮した上で判断しないと、いくら低金利といっても意味が薄れてしまいます。

これらのことから、不動産担保ローンを利用する際には、そのメリット・デメリットだけでなく、リスクや金利について、より総合的な判断が求められることになります。

自分の将来設計をちゃんと見据えて、無理のないローンを組むことで、返済もきちんと行えるでしょう。